羊毛の糸紡ぎ

羊毛の糸紡ぎ

先日こちらのブログにも書きましたが、羊毛の糸紡ぎをしてみてます。

どんなものかと仕入れてみたのはメリノという種類の羊の毛を染色して梳かして帯状にしてあるもの、染色はしてなくて梳かして帯状にしてあるものと、染めてもなく刈って洗ってあるだけのものの大きく分けて3種類です。

まずは染色してあるやつからですね!(あと2種類はまた後日)

画像のやつはおそらく1番使用頻度が多くなりそうなブラックです。
こんな感じになっていて、線維がきれいに梳かれているのでハンドカーダーを使わずにそのまま紡ぐことができちゃいますね★

紡ぐのはコットンとほぼ同じなんですが、こちらのほうが線維が長いので引き出すタイミングや力の入れ方はちょっと変わりますね。

あと羊毛はコットンとそもそも線維の構造が違うので太い糸も紡げます。
いわゆる縮絨するってやつです。

なので、まずは太めの糸を紡いでみました。

こちらは先日のブログにのっけたやつですが、糸にするとこんな感じになります。
太めの糸はわざと太さを均一になるようにはしていません。ものすごく太くなってるところがあると思えば、細くなってるところもあります。
これが編んだ時に面白い表情になってくれるはず!!です。。たぶん。。。。

で、試しにしいれた染色済みのものはすべて太めの糸に紡ぎ終わりました★

次回は試作で編んだものを含めてご紹介できればと思います!

7/5(日)アトリエオープンデイ

10:00-19:00のあいだオープンしてます。
とはいえ、アトリエには冷房設備はありません!扇風機と窓全開の合わせ技のみとなってますのでご注意ください。

暇つぶしにでもフラっと立ち寄っていただければありがたいんですが、お越しになる前にご一報いただけると助かります<(_ _)>

↑こちらからのお問い合わせでも大丈夫です☆

素直に来てください!とも言い難い状況ではありますが、よかったらお立ち寄りくださいね

恭平

つむいで…あんで…
飯田製作所
〒283-0802
千葉県東金市東金936-5
https://tsumuan.com/
Instagram @tsumu_an

SHARE THIS ARTICLE.

  • このエントリーをはてなブックマークに追加