部屋とセーターと私 其の弐

もめんのくつした

今回は前回の続きに※なります。

コットンを使ってくつしたを編むので、屋号を『もめんのくつした』としました。
そのままですね(^^; 

ちなみに、ニットを編む人をニッター(knitter)と呼ぶんですが、とくに靴下を編む人をソックスニッターと呼んだりします。

で、晴れてソックスニッターとして活動を始めたわけですが、当時編んだものが手元にないので、Facebookをかなり昔までさかのぼって画像を見つけました!

こんな感じのものを編んでました。

当時としてみればまあまあ、デキは悪くなかったのではないかと思います。
今見返すと、「ここもうちょっとこうしたほうがよかったかな。。。」という箇所はありますが。 

手軽にできるだろうと始めた靴下ですが、やってみるとかなり奥が深く、”いいものを!!”と思えば思うほど深みにハマってしまいあっという間に壁にぶち当たることになりました。

靴下って、直接肌にふれる分、肌触りがかなり重要なものだと思っています。
なので、コットン糸を使うとなると、かなり細い糸で編まないと思い通りのものができない!という考えに至ったわけです。
 
また、どうしても擦れてしまうので寿命も短いため消耗品の部類に入ると思うんです。
つまり、一般的に消耗品ととらえられてしまう靴下なのに、かなりの手間をかけても、かかった手間分の金額を提示してしまうと、需要がないのでは??という結論に達してしまったんです。。。
ちなみに、画像のもので、1足作るのに糸紡ぎも合わせると半月以上かかっていたと思います。

既製品の毛糸をベースにいろいろなバリエーションでやるからこそ、ソックスニッターは成り立つのかなと思います。僕の考えるコンセプトでは厳しかったですね。。。

どうにもこうにも、手詰まりになってしまったときに、「糸紡ぎもまったくやらないわけではないけど、既製品の材料を使ってもっと金額的にも手に取ってもらいやすい物をいろいろ作ってみたい!!」という思いが芽生え始めました。

それが、初期の『つむいで…あんで…』になるわけです。

次回につづきます。

※ホームページからブログを見る際に『新着情報・おすすめ』のところと新規で投稿したブログがうまく連動しないみたいです。。。
『新着情報・おすすめ』には出ていないときでも『MORE VIEW』を押してみてください!ブログのページでは新規の投稿も見れると思います。

                                    恭平
            

つむいで…あんで…
飯田製作所
〒283-0802
千葉県東金市東金936-5
https://tsumuan.com/
Instagram @tsumu_an

SHARE THIS ARTICLE.

  • このエントリーをはてなブックマークに追加